血圧とサプリメント

人によって状況は異なりますが、多くの人が血圧のために体調を崩したことがあるようです。医師から処方された薬を使いつつ、サプリメントも飲んでいるという方もいます。

血圧の最高値と最低値を測った時に、最高160mmHg、最低95mmHgを越えていると高血圧と診断されます。高血圧が体に良くないのは、どういった理由でしょうか。血液中のインスリンやコレステロールは、高血圧の時に増える傾向があります。

高血圧になると、血管の壁が弱くなっていて裂けてしまったり、血液自体がどろどろなので、粥状のかたまりができて血管内が細くなりやすい、と言われています。血管が詰まって細くなり、ついには全く流れなくなると、動脈硬化などの重篤な疾患の原因になります。

血圧が高いと血管が正常な機能をしなくなり、心筋梗塞や脳卒中などの病気になる可能性が高くなるのです。病気の元ともいえる高血圧を予防し、改善するためには、禁煙、適度な運動などがおすすめです。体に必要な栄養を食事からしっかり確保し、規則正しい睡眠と生活習慣を維持することです。

体内で欠乏している栄養素を確実に補うには、サプリメントを使うといいでしょう。サプリメントは扱いが簡単ですくに飲めるため、慌ただしい生活を送っている人でも栄養補給ができます。コエンザイムQ10、DHA、EPAなど高血圧の症状緩和が可能なサプリメントはたくさんあります。

オリーブオイルや黒酢をサプリメントにして販売している会社もあります。塩分の排出を助けるサプリメントや、血の流れを良くするサプリメント、興奮を静め精神を安定させるサプリメントなど、高血圧サプリメントの効果はそれぞれに差があるので、どれが適切かを考えなければなりません。