がんとサメの軟骨サプリメントについて

どのような関係がサメの軟骨サプリメントとがんにはあるのでしょう。新生血管というものが、体に異変が起こったときにできます。体が健康の時には新生血管はできるものではありません。

もともと自分の正常細胞である細胞げ変化してできたものが、がんです。今までのがんの治療法としては、がん細胞を攻撃するというものでしたが、同時に健康な細胞をまでダメージを与えてしまいます。栄養を吸収するために新しい血管を形成する必要が、がん細胞が増殖するためにはあります。

そこで軟骨サプリメントが効果的なのです。がん細胞が大きくなる為に必要となる新生血管を抑制することにより、がん細胞の増殖を防いで縮小させる効果が期待できるのです。

ムコ多糖というサメの軟骨に含まれている、タンパク質と複合炭水化物が結合した物質には、体の免疫力を低下させる物質の力を抑える効果があるのです。ムコ多糖のこの働きは、ガンの増殖に対抗する味方になってくれるそうです。

強い生命力があるサメは、4万年前から生きている動物です。サメ、ウサギ、牛などに強い発がん性物質を与えたところ、がんができたのはサメ以外の動物だったという報告もあるようです。

薬の臨床試験が新生血管をサメの軟骨から作るために行われており、そこで行われている臨床試験は数十種類以上に及びます。合成を人工的にするものではなく、サメという生物の軟骨に含まれている成分を利用することが可能であれば安全ではないでしょうか。

さめの軟骨とがんと闘うための免疫力とには関係があり、今後ますますサメ軟骨のサプリメントは臨床実験の結果によっては人気が高まるのではないでしょうか。